スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
新年の挨拶。
2007 / 01 / 03 ( Wed )
あけましておめでとうございます
今年もがんばってブログ更新をしていきたいとおもいますので
このような拙いブログですが、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

さて、私もくれんは本日この後タイ・バンコクへと旅立って参ります
ご存知のとおりバンコクでは年末年始にかけてテロ爆発騒ぎがあり、
安全が懸念されますが、外務省から警告が出ていないこともありまして
当初の計画通り出国する予定であります。

8日か9日にはブログを再開できると思いますので、
皆様それまでお風邪など引かぬよう元気にお過ごしください♪
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

08 : 14 : 19 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
1月3日 タイ1日目。
2007 / 01 / 10 ( Wed )
旅紀行その①、1月3日の巻。

私たち夫婦がBKKに旅立ったのは12:55発 シンガポール航空SQ625

正月のタイ旅行は2年前にも計画を立てたことがあったんですけど、、、その時は飛行機がいっぱいで取れなくて、断念したんです。
その時は北海道に行き先を変更し、手元に残ったのは「地球の歩き方 タイ」だけ。
絶対行ってやる!!そう思い、再び企画したのは去年の11月初旬。。。

…皆さん、夏頃から計画してるんですね
既に飛行機の席は完売でした。
何とかいけないものか!?といろいろ考えた結果、当初の航空券のみで現地で安宿を探す航空券+ホテルのパックツアーを利用へと計画を変更すればかろうじて納得のいく価格で空席を見つけることが出来たのです。

ダンナサマは8年前にタイに1ヶ月遊びに行っていたことがあり、その時の経験から"いくら正月でも航空券のみで8万前後、ホテル付きで10万を超えないもの"というのが探す条件でした。
結果、J○Bさんの5日間8万3千円+空港利用料+燃油サーチャージというプランで無事に予算内のものをget。
なんにせよ、直行便というのがうれしい♡ しかも評判の高いシンガポール航空ですから

飛行時間は約6時間半。
現地時間の17時半ごろ(日本時間は19時半ごろ)無事にBKKに到着しました

着いてまず驚いたのが、空港のキレイさ でかいしピカピカやしもぅビックリです。
自己の予習ではドンムアン国際空港だと思っていたのですが、、、2005年9月末よりスワンナプーム国際空港へと変更になっていたのですよ!!

ココはどこやねん! (*´・д・)(・д・`*)ココドコ?

航空券のみで訪れていたら、出鼻くじかれてたことと思います…
続きを読む

テーマ:おでかけ - ジャンル:結婚・家庭生活

21 : 10 : 15 | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
休。
2007 / 01 / 11 ( Thu )
頭痛がひどくて、、、下痢とか嘔吐とかは無いのでただの風邪?
今日一日寝ていたけど、良くなる気配なし。

ということでお休みさせていただきます。
旅日記の続きは少し待ってくださいね。
21 : 51 : 30 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
1月4日 タイ2日目(1)。
2007 / 01 / 15 ( Mon )
旅紀行その②、1月4日の巻(1)。

この日はバンコク市内の観光。
今回の旅のパック内容はフライト+宿泊で、基本的に自由行動。
でも何故か、バンコク市内観光+昼食+ショッピング2店のオプションツアーがUP料金なしという設定だったので「絶対行くポイントだし、タダだから連れてってもらおっかー」ってことでツアーで連れていってもらいました。

ちょっとばかしショッピングに連れて行かれるけど、入場料要らんし、交通費かからんし、お昼ごはんも食べられるんだよ~、こりゃ行くっきゃないでしょ(笑)。

感想から言うと、、、行ってよかったです。 では、詳しく…。


当日、集合はホテルのロビーに8:50。
バンコク滞在中のホテルはチャルンクルン通のTongtara riverview HOTEL
チャルンクルン通を通って王宮のあるエリアにたどり着くから、私たちを拾うのが最後だったんだと思う(私たちにとっては無駄時間が少なくて◎ね)。
バスに乗り込むとツアー客は全部で18人。
40人くらい乗れる普通の観光バスだったので、座席には余裕があり、気分的にも楽ちん

前日、徒歩&Taxiで見た夜の景色とはまた一味違う、高い視線での街の風景。
通勤に急ぐ人々、激しい交通量、朝の屋台で朝食を楽しむ人々、、、
途中、ワット・ヤンナワーという船の形をした仏塔のあるお寺が見えたんですよ。
「地球の歩き方」を熟読していた私たちは「あっ('(ェ)'o)ゞ」と気付きました。
こんなところにあったんだー…へぇ~~…。以上(笑)。
一瞬だったけど、もうclearした気分。

その先、通り道のショッピングセンターの1Fにあるマクド前で合掌しているドナルドを見つけ、
    おぉぉ~~ドナルド、タイversion!Σ('(o)')o
なんて変な感動をしつつ、バスに乗ること約30分。ワット・ポー横に到着です
続きを読む
20 : 29 : 27 | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
1月4日 タイ2日目(2)。
2007 / 01 / 17 ( Wed )
旅紀行その③、1月4日の巻(2)。

さて、ワット・アルンワット・ポーと観光した後に向かうは、王宮&ワット・プラケオ(エメラルド寺院)です。
(あ、タイに知識のある方、もしくは勘のイイ方は既にお気づきかと思いますが、ワット=寺です)

王宮&ワット・プラケオは、白い高い壁の中の同じ敷地内にあります
周辺や敷地内には銃をもった衛兵さんがいっぱいいました(なかなか男前が多いのっ)。
爆発テロの影響かと思ったのですが、やっぱ王室系だから普段から厳重な監視の下公開しているのかな。
ここはバンコクのお寺の中でも格式が高く、いろいろ厳しいところで、半ズボン・膝上丈のスカート・ノースリーブ・袖や裾の折り返し・サンダルなどは注意されます。
(絶対入れないってわけでもなく、羽織ものや巻物を貸してくれるみたい。有料か無料かは不明。)
そして、それぞれのエリアは一方通行で、引き返すことはできません。

まずはワット・プラケオの仏塔から。
…はい、逆光です。すんません
最初に見た方からだと観光客が山ほどいたので、裏のときに撮ったら案の定…
ちょっと補正してみたけど、これが限界かな。
070104-6.jpg
手前がスリランカ様式の金の仏塔(18金か24金か何金か忘れたけど、本物らしい)、真ん中が長方形の仏塔、左奥が十字型の仏塔でクメール様式(先がとうもろこし形)とそれぞれ特徴が違います。
近くで撮りたいけど、大きくて収まらない…そんなフラストレーション
タイは鉱石(特にサファイア・ルビー)が採れる国らしく、建物の装飾として使われているイミテーションの赤・青・緑はそれぞれ宝石を表現しているのですって。
まぁ、日本も仏壇やお寺の内部はキンキラキンですからね、お浄土を表現するにあたり、このへんは共通なのかも。

そして真ん中の仏塔の北側には何故か精巧に作られたアンコールワットのミニチュアが。
070104-7.jpg
柱とかも忠実に作られているみたいで、回廊を覗くと向こうが見えます。
4方とも、廊下が真っ直ぐ作られているのです。これにはビックリ
ま、私はそれよりその奥の仏塔(?)の装飾に心惹かれてたのですが(笑)。

このお寺の回廊にはラーマーヤナの物語が描かれています(これも、世界史の授業で聞いた単語だけが頭の中に…)。でも、絵を見ても何のことやらさっぱりわかりません
へぇ・・・で終わってしまいました
というわけで、本堂の方へ、いざ。

ワット・プラケオ…エメラルド寺院。ココまで読んで、何がエメラルド?って思われたことでしょう。
正確にはエメラルドは全く関係なく、仏像が翡翠でできているのです。
単純に翡翠色≒エメラルド色って感じでしょうか。
本堂は入ってお参りできますが写真撮影禁止なので、外からのちっちゃい仏像をごらんください(笑)。
070104-9.jpg
この仏像は年に3回の衣替えをするのですって。今(1~4月?)は冬バージョンとか。
確かに緑色でした。

王宮はNO PHOTOの所が多かったのであまり写真がありません。
070104-12.jpg
国の行事で国王が謁見に使った写真の建物の中には、やや高い位置に玉座がありました。
行事の際に重い装飾を身に着けてそこに座る王は頷くこと以外身動きできないんだとか。
王様といえども大変ですね(*´・д・)(・д・`*)ネー

左の建物はチャックリー・マハ・プラサート宮殿。
建物の一部が武具展示の場になっていました。古びた刀や槍、鉄砲などが沢山おいてありました。
わかりにくいかもしれませんが、下層は西洋風な"宮殿"てな感じの建築様式で、上層はタイ様式という不思議な造りになっています。
070104-10.jpg
奥に見えるのは十字型をしたドゥーシット・マハ・プラサート宮殿。
ツアーで連れられている身だったので時間制限があり、近くまではいけませんでした

旅立つ前に「王宮は修復工事中で景観が損なわれている可能性が…」という旅行会社からの断り書きがあったので、足場組んであったりネット張ってあったり作業の人が居たりするのかと思ってあまり期待していなかったのですが、全くそんなことは気にせずに見ることができました
陽射しを受けピカピカに光る建物が見れて満足です
続きを読む
09 : 00 : 21 | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。