スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Bomb。
2010 / 07 / 01 ( Thu )
昨日はちょっとビックリなニュースがありました

ブログにもよく登場する"Southpoint"という場所が近くにあるのですが、昨日はそこでちょっとした騒動があったのです。



夕方の帰宅ラッシュが始まる前・・・




爆弾があってI-40(Exit276付近)が通行止めに!!
(とある関連ニュース記事はコチラ



I-40は正式名称"Interstate40"というFree-wayで、この辺の交通の大動脈といっても過言ではない道路です。
Exit274、276は本当によく行くエリアで、つい最近も夕方コメちゃんと2人でTargetにお買い物にいったばかり。
日本での「コーナン」並に「Target」好きですから(笑)。
276にはベビザラスもあるし、お出かけしていた可能性も大でした。
いつも気まぐれにお出かけしているので、ESLにお迎えに行った時、ダンナサマは「大丈夫だった?」と一応心配していました。
(来れなくて欠席だった人もいたらしい。)


火曜にママ友達をお家に招いてランチしたので、昨日はコメちゃんが疲れてお出かけしなかったのが幸いでした




チャペルヒルはのどかで本当にイイところなのでつい油断してしまうけど、「あぁ、ここはアメリカだったw」とふと思い出しました


ブログ村へ;応援クリックお願いします♪ブログ村へ;応援クリックお願いします♪
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

11 : 17 : 23 | アメリカ生活 | コメント(1) | page top↑
旅行中。
2010 / 07 / 03 ( Sat )
昨日の午後から旅に出ました。

今はサウスカロライナ州におります。
レポは帰ってからしますね~。

ブログ村へ;応援クリックお願いします♪ブログ村へ;応援クリックお願いします♪

テーマ:海外生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

08 : 07 : 52 | アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Charleston旅行 1st day@生後78日目。
2010 / 07 / 07 ( Wed )
週末に行った旅行のレポをしたいと思います
チャールストンはアメリカ人にとっては古きアメリカの情緒ただようリゾート地のようなのですが、日本からは行きづらい場所な為日本語の情報が乏しかったので、このレポがこれから訪れる方の参考になるといいな、と思います。

7月2日(金) 生後78日目。
今回の旅の行先はサウスカロライナ州チャールストン
チャールストンはチャペルヒルからは約500kmのところに位置します。
4th of Julyの連休を利用して2泊3日で遊ぶ予定だったのですが、ダンナサマが仕事の都合を付けてくれたので急遽前に1泊追加し、3泊4日の旅になりました

…といっても、午前中はしなきゃいけない仕事があるようだったので、出発は午後から。
おにぎりと唐揚を作ってダンナサマの帰りを待ちました。
ちょっと仕事が長引いて、結局14時頃にチャペルヒルを出発
やはりみんな考えることは同じなのかな!?
珍しくI-40には車が多くてRaleigh~Fayetteville間では自然渋滞・事故渋滞があり、South CarolinaのVisitor Center(I-95)で2回目の休憩をとったのは17時頃でした。

道中のコメちゃんはゴキゲンで、カーシートに付けているおもちゃで遊んでましたよ
最近、手を伸ばしておもちゃを触るということを覚えたので、遊ぶか寝るか、、、、って感じで前回の旅行(Outer Banks)よりは移動時間が苦じゃなかったかも ←あくまで推測w

追加してとったホテルはCharlestonの少し手前にあるLadsonという街にあるDays Inn。
その手前のSummervilleという街が大きそうだったので、そこで食事をしてからチェックインすることにしましたー。
レストランはAAAでもらったTravel Guide Bookでsearch。
興味を引いたレストランは説明にアップスケールと書いてあったのでコメちゃんを連れて入るのはちょっとためらったけど、行ってみたら快く受け入れてくれました♪
駐車場は広く、車はいっぱい。でも誘導の人がいて空いているところがすぐにわかりました。
待ち時間も心配したけれど店内は広くて10分ほど待っただけだったので、その間に車で授乳して、、、って、コメちゃんのタイムロスも少なくてよかったです。

「Oscar's」   207 West 5th North Street, Summerville, SC 29483
shrimp
BACON WRAPPED STUFFED SHRIMP
エビをカニの身で包んでベーコンで巻いて揚げたもの。
ここまでするとエビの存在はかなり薄くて、エビフライというよりカニ爪フライに近い感じ(笑)。
とっても美味しかった
「3つ入りだから1つ追加して4つにしましょうか」と店員さんから提案があったので、そうしてもらいました。固定のメニューじゃなく人数に合わせてそういう提案をしてアレンジしてくれるのって好感もてますよね(後でレシートを見ると、ちゃんと$9+$3ってなっていました。)

スープはフレンチオニオンと迷ったけれど、店名の入っているOSCAR'S STYLE SHE CRAB SOUPにしました。写真はボウルサイズ。
     soup salad
サラダは1つずつもいらないかなぁと1皿だけEntreeにプラスしたけれど、「2皿用意しちゃったからどうぞ」とサービスしてくれました
何となくですが、注文は1つとわかっててわざと2つ用意してくれたんだと思います。

EntreeはCRISPY ROASTED HARF DUCK
duck
予想以上に和風の料理でした
カリッと揚げた唐揚にピリ辛照り焼きソースをかけた感じ。
お肉はジューシーで美味しかったぁ

オーソドックスなアメリカンレストランと思っていたけれど、メニューを見るとアジアンなアレンジをしている料理が多かったです。

ちょっと控え目にしたので無事にデザートまで辿り着きました
dessert
クレームブリュレ。甘さ控えめの優しい味でした。
デザートのオーダーと一緒にコーヒーを頼んだけれど、タバコから帰って来たダンナサマに「飲み物はいかが?」と店員さんが聞きに来たもんだから、まだ頼んでないと思ってコーヒーを注文。
「まぁいっか。」と食後のコーヒータイムを楽しみました
(コーヒーの注文は1つになってた!これもサービス!?)

雰囲気も良く、ちゃんとしたお店だったけど$60くらいでした。
安くてびっくりでした

22時前にホテルに着いて、お風呂に入って乳飲んだらコメちゃんは23時には就寝しましたー。
そのまま5時まで爆睡。
最近は22時頃から6時間は寝て、その後もちょっとおっぱいのんだらすぐ寝るコメちゃん。
「枕が変わったら寝れない」的なデリケートさは持ち合わせていないようです

→2日目に続く。

ブログ村へ;応援クリックお願いします♪ブログ村へ;応援クリックお願いします♪

テーマ:海外生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

14 : 32 : 52 | アメリカ生活(旅行) | コメント(0) | page top↑
Charleston旅行 2nd day@生後79日目。
2010 / 07 / 09 ( Fri )
旅行レポの続きです。

7月3日(土) 旅行2日目/生後79日目。
ホテルに付いてる簡単朝ごはんを食べて、10時過ぎに出発!
この日はプランテーションに行くことにしました

約30分かけて到着したのはMagnolia Plantation & Gardens
何とも趣のあるオークの並木道が迎えてくれました。
「Magnolia Plantation & Gardens」  3550 Ashley River Road - Charleston, SC 29414
magnolia plantation1
magnoliaはモクレンの仲間。敷地内にはmagnoliaの大木があちこちにありました。
私が住むapartmentにもこの木はあり少し前が旬だったのですが、日本でよく見る白モクレンとは違って、葉っぱが出てから花が咲きます。香りもすごい!

ここではいくつかチケットの種類があったのですが、全部楽しむと一日がかりになりそうだったのでGeneral admission($15)とHouse tour($7)にしました。
House Tourは11時半からだったので、それまで敷地内にある"ふれあい動物園"へ。
コメちゃん、初めての動物園です
zoo?
中には放し飼いにされているクジャクや豚、やぎ、、、檻の中には山猫っぽいのとか大きなウサギとかフクロウ、爬虫類など。
それほど大きくないスペースでしたが、子供にとっては十分な動物量だと思います。
実際、コメちゃんが楽しむにはちょっと早かったけど、キョトンとした顔で豚さんを見てるのが面白かった!
また動物園に行こうねー

ここは1676年にドレイトン家によって設立されたプランテーションで、昔は農地だったところが庭として公開されています。
magnolia plantation2
Houseはガイドさんの説明付きで、チャールストンの歴史を交えていろいろとお話してくださいました、、、が、途中でコメちゃんが眠くなったみたいで泣きだしてしまったので周りに迷惑だし、と私だけ退館
外に出てもあまりにギャン泣きするもんだから、ちょっと咥えさせたら案の定あっさり寝ちゃった。で、ガイドを終えたダンナサマに誘導され、見逃してた2階のお部屋をざっくり日本語で解説してもらいました。
ちゃんとポイントを押さえているように見えたらしく、ガイドさんに感心されてましたよ

「このキルトがなんかすごいねんて」とか、そんなんですけどね

House tourは約30分くらいだったのかな。
終えた後、ちょっとお庭を散策しました。
"イギリス軍上陸の地"の碑があったり、池があったり。
magnolia plantation3
rice field(再現?)はコメちゃんのコンディションが悪くて行けなかったけど、満足。
所詮田んぼでしょ、なんて思っちゃって。
その昔、チャールストンは米の栽培も盛んだったそうですよ。

時間は既に12時半。次は近くにあるDrayton Hallへ行くつもりだったので、ここで何か食べといた方がいいかも?と、私が車の中で授乳している間に、ダンナサマが屋台(?)でホットドッグとハンバーガーとアップルパイを買ってきてくれました。
授乳してオムツ変えて、、ってしてると30分くらいは取られちゃうので、時間の有効活用ですねー。
Drayton HallはMagnolia Plantationからすぐ近くで、着いたら13時半くらい。
House tourは14時からでした。1時間毎かな?
それまではトイレに行ったり、マグネットを買ったり(集めているの♪)、外から建物を見ながら木陰でまったりしたり。
期待通り、木陰で涼んでいる間にコメちゃんは夢の世界へ。。。。
今度はゆっくり建物を見学することが出来ました

「Drayton Hall」  3380 Ashley River Road Charleston, SC 29414
drayton hall
ここは1742年に建てられ、ドレイトン家によって250年近く所有されてきた建物で、前に広がる芝生エリアは昔は農作地で黒人奴隷がここで汗を流していたそうです。
敷地が広すぎて、人と一緒に写ると縮尺が変

今まで訪れた邸宅は豪華な内装・装飾品で飾られたものばかりだったのですが、ここは珍しく中が空っぽ。
それがかえって当時の空気が感じられるようで、とてもよかったです。
マホガニーが多用されてすごく重厚感のある建物でした
     drayton hall 2
ギフトショップで多くの商品にモチーフとして使われていた、天井の装飾。石膏かな?

門のところでは「え?15ドル?」と思ったけど、予想以上に見ごたえがあり、コメちゃんもずっと寝ていておとなしかったので来てよかったなぁ~と思えました
ガイドツアーは1時間近くあったので、Drayton Hallを出発したのは15時半頃になりました。
ティープランテーションに行きたかったけれど、移動に1時間かかるようだったので(17時までだし)断念。
とりあえずチャールストンのダウンタウンに行くことに

AAAの本を見て、The Old Exchange & Provost Dungeon(旧商品取引所&地下牢)とOld Slave Mart Museum(旧奴隷市場博物館)に行きたいなぁと思っていたけれど、たまたまナビをセットしたのが商品取引所でした。
後で解ったんだけど、奴隷市場は日曜・祝日が閉館、、、奴隷市場に先に行けばよかった!!
いつもならちゃんと事前に調べてスケジュールを組んでおくけど、コメちゃんがいるとあやふやな事前調査になってしまいます

「The Old Exchange & Provost Dungeon」 122 East Bay Street, Charleston, SC 29401
dungeon
1階の展示と2階のホールは自由に見学し、地下牢はガイドツアーになっていました。
時代背景の知識が浅いので、歴史が絡むと英語は更に難しくて、ガイドさんの説明もあんまりよくわからないし、暗いからコメちゃんも泣きだすし、、、で、ざっくりと見て退散しちゃいました

ビョルンで見学していたので、ストローラーを取りに車に戻り、Waterfront Parkへお散歩。
waterfront park
Fort sumter、USSヨークタウン、Arthur Ravenel Jr. Bridgeなどが海の向こうに見えました。
Arthur Ravenel Jr. Bridgeは西半球で最大の斜張橋だそうです。
もちろん、橋好きとしてはちょっとテンションが上がりましたよ(←特に渡る時)

海風を浴びながら公園の木陰道を歩き桟橋に出ると、そこから少し離れたところにレストランを発見 海沿いの建物という点で見た目のポイントも高く、早速足を運ぶことにしましたー。

「FLEET LANDING」 186 Concord St, Charleston, SC 29401
Fleet landing
ここは昔、海軍で使用されていた建物がレストランとして使われています。
確かに外壁には『U.S.NAVY』の文字が!
観光馬車で通りすがりに説明している様子も見たし、自転車タクシー(?)で乗り付けている人もいました。
何気に入ったのですが、必見のレストランだったようです

料理は意外と美味しく、"シーフード南部料理"って感じでした。
starters
Southern-Style Oysters Rockefeller
ちょっと癖のある茹で葉っぱと、ベーコンとオランデーズソースがカキに乗ってました。
カキ料理としては斬新な感じ
Seared Scallops
ホタテはプリプリで食べ応えがあって美味しかった~


entree
Crispy Whole Fried Southern Flounder with Apricot Glaze
Flounderも食べたかったし、(米の農作が盛んだったと聞いたので)Charleston Red Riceが気になって注文しました。
アプリコットグレーズって…どんなんだろ?って思ったけど"ヒラメの唐揚甘酢あんかけ"に近い感じ。どの国もこういう食べ方するのねー。
魚はすごく大きくてビックリ。
日本人としては箸が欲しいところだったけど、フォークでも食べやすかったですよ
Red Riceはケチャップライスでした

食後は少し街歩きをして駐車場へ。
私たちはOld Exchangeの裏にあるメーターパーキングを多用しました。
ダウンタウンには道路脇にもメーターパーキングは沢山ありましたが、Old Exchangeの裏の駐車場は木陰になっているので車内の気温が上がりすぎずよかったと思います (15分/25¢)
rainbow raw

この日から、Holiday Innで2泊。
アシュレー川の西側に位置するので、ダウンタウンから遠くて不便かなぁと思っていたけど全然問題なく、キレイでなかなかよかったです



July 4th にあたる3日目の観光は"戦い"がテーマです

ブログ村へ;応援クリックお願いします♪ブログ村へ;応援クリックお願いします♪

テーマ:海外生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

07 : 11 : 48 | アメリカ生活(旅行) | コメント(2) | page top↑
Charleston旅行 3rd day@生後80日。
2010 / 07 / 12 ( Mon )
旅レポの続きです。

7月4日(日) 旅行3日目・生後80日目
この日は言わずとも知れた『Independence day』
渡米前から楽しみにしていたイベントの1つです。
Patriot PointのNaval & Maritime Museumで花火が上がるのを事前にリサーチ済みだったので、その前提でスケジュールを計画しました。
しかし、私が計画していたのは午後からのみ
あいにく日曜の午前中はCloseなところが多くしかも祝日だったため、見れるところが少なくて。
AAABookで調べた結果、2人の興味が一致したFort Moultrieという要塞に行くことにしました

「Fort Moultrie」  1214 Middle Street,Sullivan'sIsland
Fort Moultrie1
ここは1776年から1947年まで171年にわたって使われていた要塞です。
独立戦争、南北戦争、世界大戦と、長い間この街を守る役目をしていたのですね。
最初は迷路みたいな感じで蔵がいくつかあり、写真は要塞の一番高い司令塔のようなところから撮ったものです。
左下に見えるドアから階段を下りていくと無線機の部屋や作戦会議の部屋みたいなのがあり、ココが一番興味深かったです
予想していたより遥かに見ごたえのある要塞でした!
大砲
他、弾薬庫や大砲など、自由に見て回れるのがいいですね
かなり満喫しちゃいました。

Patriot Pointを13時半に出発するFort Sumterへのフェリーを予約していたので(30分前までにチケット交換)、12時半頃にはPatriot Pointへ着いていました。
フェリーのチケットは予約しなくても買えそうですが、この日は7月4日でイベントもあるし、、ってことで私たちは念のためあらかじめ購入していました(チケット購入サイトはコチラ・大人$16)。
この日は夜までココに居る予定。駐車場代の$5は安いもんです。
幸いとってもいい場所に車を止めることができました!(車の前で撮った写真↓です)
コメちゃんがおなかがすいても寝ちゃっても車で待機できます
USS ヨークタウン
後ろの椅子、既に場所取りが始まっています!

スナックコーナーのホットドッグで簡単お昼ごはん、コメちゃんのコンディションも整えて乗船
約30分の船の旅で辿り着いたのは海の上に浮かぶ人工の要塞、Fort Sumterです。
Fort Sumter
南北戦争(1861年~)はココで火蓋がきられたそうです。

黒い建物は司令塔?現在はミュージアムとお土産屋さんになっていました。
fort sumter2

その後ろはまったりと公園。海風が強い~!
fort sumter 3
船に乗って~ってのは楽しかったけど、要塞としての楽しさ(?)は午前中に行ったモルトレーの方が上でした。モルトレーはPatriot Pointから車で15分~20分の距離だし、ついでに行く価値は十分あると思います

再び船に乗り、Patriot Pointに戻って来たのは16時前。
この日は"July 4th"のイベントの一環で、16時以降はNaval & Maritime Museumの入場料が$18→$5でした
私は"$5OFF"と思っていたので、嬉しい間違いでラッキー
コメちゃん at patriot point
配られていた国旗を背負ってすっかりPatriot(愛国者)なコメちゃん

このMuseumは、USS Yorktown(CV-10)という航空母艦がそのまま博物館として展示されています。(この記事の3枚目の写真で背景に写ってる船です。)
第2次世界大戦が終わるまで、日本を攻撃するにあたり活躍した空母がこうして誇らしげに展示されているのは日本人としては複雑な気分になりますね。
でも私としては乗り物好きの気分の方が勝って、しっかり楽しんでしまいました
inside yorktown
中は軍用飛行機が展示されたり、船員たちが過ごした各部屋がセルフツアーで公開されていました。迷路のようになっているので矢印の通りに進まないと、、、って感じです。
狭くて急なはしごのような階段ばかりなので、私たちはビョルンで挑みましたが、暑いし臭いし(金属やペンキのような)コメちゃんには良くなかったかも。

デッキにはエレベーターで上がることもできます(障害のある人や小さな子供のいる人用)。
飛行機も沢山展示されていました
普段は飛行機が置いてあるであろうスペースでは、夜に備えて着々と花火の準備も進んでいるようでした。
花火の準備

とても船の上とは思えない!
deck
18時過ぎまでデッキの飛行機の陰でまったリしていたけれど、暑くてしんどいのか、おなかが空いたか喉が渇いたか、コメちゃんが泣きやまないので車に戻ることに。
まだ見ていないところもあったけど、$5分は楽しんだので満足です

車に戻ってからは、授乳したり、スナックコーナーでホットドッグを買って食べたり、ステージで歌われる歌を聞いたりして、花火が上がる21時15分まで待ちました
yowktown
いつの間にかこんなに人が!駐車場内の道もキャンプ椅子でいっぱい!
日が長いので20時半でもこんな明るさです。

アメリカ国歌や、おぉアメリカ~みたいな感じの愛国心溢れる歌の後、いよいよ花火
大胆な打ち上げ花火が止まることなく30分以上続きました!
「今夜はアメリカ全土で花火が上がっているんだから、中途半端な花火は上げられないよね」とダンナサマと話しながらもあまりのスケールの大きさに「やりすぎやりすぎ」と苦笑い(笑)。
fireworks
日本の花火より大玉な気がします。
海まで流れ落ちるしだれ花火をはじめとした数々の打ち上げ花火。
待った甲斐がありました
コメちゃんは泣くかと思ったけど、意外と楽しそうに見てましたよ。
でも音が心地よかったのか、半分くらい見てから抱っこのまま寝ちゃいました
まぁ、最近は21時半過ぎたら寝てるもんね。

いいところに停めた分、覚悟はしていましたが、帰りは駐車場を出るまで1時間かかりました
Harris Teeterに寄ってビールとお寿司とチキンウィングを買って、ホテルに着いたのは23時半くらいだったかな。
ダンナサマとビールを飲んで、3人で朝までぐっすり
暑くて疲れたけど、素敵な独立記念日を過ごせました~

→4日目はいよいよ最終日です♪

ブログ村へ;応援クリックお願いします♪ブログ村へ;応援クリックお願いします♪

テーマ:海外生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

14 : 33 : 44 | アメリカ生活(旅行) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。