スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
旅3日目。屋久島一周(2)♪
2006 / 05 / 01 ( Mon )
ヤクスギランドから安房までの山道は意外と険しい(^^;
ちょっとした空腹に車酔いを感じて運転を代わってもらったのですが、ダンナサマの頼りないナビに安房でのお昼ごはんスポットを逃してしまいました。
ガイドブックは結構頭に入ってるけど100%覚えてないし!


空腹になると車酔いする体質はなんともならず…。12:35 トローキの滝の看板を見つけた時、道路右横にポンタン館という物産館を発見。
どうやらそこに車をとめてトローキの滝を見に行ってよいとの事。で、餅とサバ味噌入りのおにぎりを買って滝への遊歩道を歩きました。
プチ昼飯です。


トローキの滝は滝壺が海。海へ流れ落ちる珍しい滝です。よって、あんまりいい眺めで見ることはできません。
岬のように出っ張ったところの展望スポットから首を伸ばして見る感じで(笑)。
060501-4.jpg

海の色がキレイなので、小ぶりながらなかなか素敵な滝です。
ちょっとお腹が満たされた事によって徐々にテンション↑↑
次に向かうは千尋の滝です。
この滝は花崗岩の大きな一枚岩が特徴。
060501-5.jpg

↑が有名な千尋の滝ですが、実は千尋の滝は屋久島には2つあります。
私がその事をしったのは「かくれ滝を旅する」という本の一節を読んで。
もう1つの千尋の滝は今でも地図を見ると載っていますが、ダムの建設により水量もなくなり死んだ滝となっているそうです。
その本を読んでなんとも切ない気持ちになってしまっていましたが、今脚光を浴びている千尋の滝を目にしたところそれは本当に素晴しいものでした。


遊歩道から滝が見え、その大きさに感動しながら一歩一歩足を進める毎に遠のいていくように錯覚を起こすのです。
滝が逃げていくような感覚。一枚岩のせいでしょうか…。
残念ながら展望台より近くに足を運ぶ事はできませんでした。
→(3)につづく。
スポンサーサイト
23 : 45 : 00 | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<旅3日目。屋久島一周(3)♪ | ホーム | 旅3日目。屋久島一周(1)♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iede.blog6.fc2.com/tb.php/27-d60493eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。