スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
自動車税の話のつづき。
2006 / 05 / 31 ( Wed )
さて、昨日に引き続き自動車税の話で都税とやりとりしていたのですが。

都税にする前に府税にして、一般的な納税方法について教えてもらいました。
他人事だからか府税は親切だったわ


まず、今回の件で私が一番おかしいなぁと思ったことは送付書類に書いてあった以下の点。



「課税復活申立書と共に税金相当額を現金書留で送付して下さい」



これってどうなん?(б_б?)



素人判断で思うことは…

課税復活申立書を送付
   ↓
(役所)受理した後、納税通知書作成・送付
   ↓
それに基づいて納税

というのが筋のような気がするんですけど。
切手を貼った返信用封筒も現金書留の中に入れて、後で領収書と納税証明書を返送されるってのも何か変じゃないかなぁぁって。

その点については
  車検が間近であったり納税証明書を急いで必要とする場合は
  手間と時間を省く為に直接現金書留で送付して後で返送するって
  ことも稀にありますけど、普通は通知書を送ります<府税談>


ですよね~~~(*゚Д゚)ノ


今の場合は一般的な自動車税の納付期限が本日5/31ということもあって現金書留で送るように都税は言われてるのでしょうか??
  いえ、通常皆様には5/10に通知書をお送りしてるんですが、
  例えば住所が変更になって通知が届かなかった方などは
  納期限を新たに設定して新しく納税通知書を新住所に送るように
  なっています。基本的に納税通知書を基に納めていただいてます。
  又、そのときは遅延料金は発生しておりません。<府税談>


ですよね~~~(*゚Д゚)ノ



そしたら、都税からの書類には現金書留で送るようにしか書いてないけど通常通り通知書を作成していただいて最寄の金融機関から支払う形にしていただくように申し出る事も問題ないと考えられますよね?
  そうですね。
  都道府県によって処理の仕方が異なる事もあるでしょうけど。<府税談>

参考になりました ありがとうございます~~


…というわけで、府税で教えてもらった知識を基にして都税と話をし、
復活申立を先に手続きして納税通知書を作ってもらい、おそらく6/30を期限として納税する方向に話を進めました
車検は10月だから急がないもん


課税開始については廃車にする場合は税金を止めたままの状態なので4/1の段階で登録抹消をしていなくても引渡し後も税金はかからないことになるそうです。
まぁ、1ヶ月あたり3,300だし「税金復活の際は引渡しのあった翌月分から」という線引きもわからんでもないからなんですけど。

まぁ、一件落着というところでしょうか。
車検証も再発行してもらったし(つい最近まで一緒に盗まれてたことに気付かなかったの)。
東京スバルさんありがとう
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

19 : 28 : 36 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<緑のガラモン。 | ホーム | 自動車税。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iede.blog6.fc2.com/tb.php/53-ec991e2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。