スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
stamp rally その2。
2009 / 10 / 18 ( Sun )
続きを書きたいと思います。

もともとのフライトスケジュールでは、当日中にRDUまで着く予定だったのですが、乗り遅れというトラブルで当日中の到着は無理、、、、ということで、rebook counterのお姉さんからの選択肢は2つ。

①夜のフライトでシカゴ早朝着→シカゴ朝発、昼前RDU着。
②数時間後のフライトでワシントンへ深夜着→空港で朝まで待ち、朝のフライトでRDUへ。

それから、③まる1日遅らせてサンフランシスコで過ごし、翌日のフライトでワシントン→RDUへというのもありかな、、、と。
で、①はフライト時間が長すぎて、シカゴまで行くってナンセンス!ということで却下。
②空港で朝までってしんどいよなー…でも、ワシントンまで行くと先に進んだ感じはするし…。
③この状況で1日サンフランシスコに居ても楽しめなくない?スーツケースも気になるし。

ということで悩みに悩んだ結果、②を選択。
お姉さんに「預けた荷物はどうなるの?」と聞くと、「今どこにあるかはわからないけど、大丈夫!あなたたちの乗る便を待ってるわよウインク」と、これまた適当なことを(笑)。

で、結局空港でごはんを食べて深夜にかけてワシントンへ行き、空港内のカフェで朝まで過ごしたわけです。
本当ならホテルで寝れてたのになーと、予想外の長旅に疲れながらRDUに着くと、、


私たちの荷物、既に着いていました


予定のフライトに乗せれてるんやーん。荷物のせてたから離陸ちょっと遅れてたんちゃうん??
私たちも乗せてくれたらよかったのに…。

まぁ、でも無事に荷物も届いてたしよかったよかった…と、迎えに来てくれてたラボの方と合流して先にホテルにチェックインしに行きました。
そしてその流れで大学へ。
大学でもチェックインをしなければいけないらしく、学生課みたいなところに行ったら
「あぁ~、あなた○○ね!昨日空港から電話があったわ!」 と…(恥)
いろいろ説明を受け、国外に出るときはDS2019にスタンプが必要だから必ず手続きに来るように、と言われ、「あなたには新しいDS2019を発行するわ。本当なら入国時にスタンプが押されるんだけど、無しでも大丈夫よ」みたいなことを聞きました。

でもね、大丈夫じゃなかったんですよー(笑)。

先週、SSNを申請しに行ったら「ここに入国スタンプがないから手続きは無理」とあっさり。
じゃあどうしたら??「ココに電話してアポ取ってから行ってみて」とある施設の地図をもらったのですが、電話で事情を説明するのも困難な気がしたのでとりあえず行ってみました。
そこは"なんちゃらimmigrationなんちゃら"とかいう施設で、大使館と同じような緊張感のただよう建物でした。

警備さんに「アポはあるか」みたいなことを聞かれ「No」というと何しに来たん?という顔で驚かれ、カクカクシカジカ…と話すと「その話を聞けるカウンターは午前中しか開いてないからアポをとって出直して来て」と。
仕方がないので出直したんです。

で、後日。
予定通り出向いたのですが、、、「ここでは押せない」とまたあっさり。
SSNを取得するのに必要と言われたんです、と言うと「ボスに聞くから待ってて」と。

入国がサンフランシスコだからかなー。サンフランシスコに行けって言われたらどうしよう?
はぁー、どうなることやら。

不安ながらも待っていたら、そのボスが「少し離れたところに別の施設があるから、この住所の所に今から行きなさい。電話しておいたからあなたたちを待ってるよ。」と言ってくださったんですよ。
電話しておいてくれたのー?ありがとー泣く

もちろん笑顔でお礼を言い、早速向かいましたよ!

10分ほど車を走らせ、着いたところはビジネスセンターみたいな所。
その中の一画に"アメリカ国家の施設"ぽいマークのついた、一見交番みたいな部屋がありました。
事前の電話のおかげで余計な説明は必要なく、私たちの姿をみたオジサマが書類を取りに来てくれて
しばらく審査した後、待ちに待ったスタンプを押してくださったんですうるうるアリガトー、ジョニー ←ジョニーって誰?
(忘れてきたDS2019は日本から届いていたので、新しいのではなく元のものを使いました。
     何故かっていうと、新しいものにはビザ申請の時の大使館のサインがなかったんですもの。)


こうして入国スタンプ(サンフランシスコに代わって押したみたいなコメント付き)ももらい、なんとか完全書類になったDS2019。
無事にダンナサマのSSNの申請もできました!よかったよかった。

私はSSNを取れないからいいんだけど、もし出産で一時帰国してしばらくして渡米することになったら、再入国時にスタンプがないことの説明に加えて、3ヶ月未満の滞在だから子供はビザなしなんです、なんて大変な説明はしたくない…。
というわけで、どうしてもスタンプが欲しかったんですよね。

長い道のりでしたが頑張ってよかった!
これから留学される皆様、くれぐれもDS2019は忘れないようにしてくださいね!!

では、昨日の晩ごはんはこんなんでしたー
091016
10日前にも食べましたが、そば。
干しシイタケと鶏肉のつけだれと共に。今回はネギ付きです♪

そばはあまり好きではないのですが、ここに居ると美味しく感じます。
和風の麺が食べられるなら!って感じでしょうか(笑)。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

00 : 13 : 52 | アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Driver's Lisense & State ID。 | ホーム | stamp rally その1。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iede.blog6.fc2.com/tb.php/700-f1421235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。