スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Hounted House。
2009 / 11 / 01 ( Sun )
DurhamにあるAmerican Tobacco社の工場跡地でHaunted Houseをやっていたので行ってきました月

前にも書きましたが、このあたりはタバコ産業で栄えた地。
世の中の禁煙化の流れでタバコ産業は廃れていき、ラッキーストライク社がアメリカンタバコ社に買い取られ、その後廃墟になっていたのを、オフィスやレストランや画廊などとして再興した場所のようです。
赤レンガが歴史を感じさせる一画です。
American Tobacco。
そういえば、ラッキーストライクって一番「死」に近いタバコって言われてましたよね汗

工場から伸びる煙突と、奥に見えるのは給水塔。
残念ながら工場見学はできませんが、煙突のある建物はガラス越しに昔の機材を見ることができます。
給水塔の下はステージになっていました。
煙突と給水塔。
線路もひかれていたようで、白いトタン屋根は駅舎跡? 1両だけ列車もありました。

道を挟んで隣にはDurham Bullsの野球場があります。
あまり野球は詳しくないのですが、数年前にはハンカチ王子が日本代表で来たり、怪我をして3Aに落ちた元阪神のI選手が来たり、、と日本では名の知れた人が来ることもあるみたいです。
以前にその話をしてくれた日本人の方は「僕、巨人ファンなんだけど、I選手にサインボールもらったんですよ(笑)」とおっしゃっていました。
BULLS。
ここはいわゆる外野席。
ライト側は外野席があったのですが、レフト側は席は無くフェンスの外だったので簡単に入れました。
立ち見OKなのかな?
黄色い棒はファールとホームランを分ける棒らしい。こんなところにあっていいのか(笑)?

で、Hounted Houseなんですが、地元の青年団のボランティアによる歴史あるイベントのようでした。
地元の人もたくさん来ていましたよ。事前情報がなかったのでどんなものかドキドキ。
お寿司やさんのレストランの横の入口を入ると受付があり$7払います。

10人ほどが1グループとなってエレベーターで地下へ。
今年のテーマはPRISON。ちなみに去年はHOSPITALだったみたい。
結論から言うと、手の込んだ文化祭の出し物って感じでした魔女

真っ暗な道の中を歩いていくと、牢に閉じ込められた血みどろの少女がいたり、切断された人体とチェーンソーをもった人がいたり、、、、。
とにかくお化け役の人が沢山いて、右から左から、後ろから前から驚かされました(笑)。
雰囲気で怖がらせる日本のお化け屋敷とは違って、あたりまえだけど英語が本物だけにセリフや驚かせ方がアメリカホラー映画のような感じがおばけ
演技派なお化けさんがたくさんいたように思います。
時間は短かったけど、なかなか面白かったきゃー

ハロウィンの時期だけ行われるお化けイベント、他にもいろいろあるみたいです。
次はどこに行こうかな?

スポンサーサイト

テーマ:楽しい休日 - ジャンル:結婚・家庭生活

02 : 39 : 51 | アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Halloween。 | ホーム | 「Chosun Ok」。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iede.blog6.fc2.com/tb.php/712-3e8650e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。