スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ワシントン・ボルチモア旅行 3日目その①@21週。
2009 / 12 / 02 ( Wed )
11月27日(金) 3日目その① 晴れ太陽のち雨傘そして強風
    星ワシントン・ボルチモア旅行 1日目
    星ワシントン・ボルチモア旅行 2日目


少し風は冷たかったけど、さわやかな青空!
この日もスタバで朝食を取り、連邦議会議事堂(キャピトル)に向かいました
事前にインターネットで内部ツアーを予約しておいたのでおんぷ (9:30予約~約1時間)
連邦議会議事堂
青い空に白い建物が映えてとってもキレイキラキラY
これは西からの撮影、建物の裏側のようです。上に立っている像は東を向いています。

ぐるっと回って東側の噴水付近から地下に降りるとビジターセンターがあります。
セキュリティーチェックをクリアし、受付を済ませ、ツアーの列にしばし並んだ後、映像ホールへ案内されました。
そこではワシントンD.C.と議事堂の成り立ちについての映像を見ました。
博物館でも思ったのですが、各映像には英語字幕が出るので、ホントに何となくですが理解することができて助かります。多分、聴覚障害の方のためのものだと思うんですけどね笑

その後は小さなグループに分かれてドーム天井のある円形ホールと彫像ホールを見学キラキラY
ドーム天井 彫像ホール 仕掛け
残念ながらほとんど理解できませんでしたが顔文字1(背景黒用)
写真右の「第6代大統領JOHN QUINCY ADAMS」の刻印の隣の円形の金属板のあたりには面白い仕掛けがありましたよ電球
私たちがそこを囲んで立ち、ガイドさんが少し離れた所で下を向いて話すと、不思議にも頭の後ろのあたりから声が聞こえてきたんです
んんっ?jumee☆whyLって感じの面白い体験でした。

約1時間の内部観覧の後、すぐ近くにあるナショナルギャラリーを訪れました。
先日NYでも絵画鑑賞したのですが、アメリカに唯一というダ・ビンチの作品を見たかったので西館に行くことにしました手書き風シリーズ矢印上
広い館内でようやく見つけた「ジネブラの肖像」は何とも憂いのある表情で。
宗教画の感じがあまりしなくて、ちょっと意外でした。
秤を持つ女 中庭 睡蓮 
フェルメールの作品も3点展示されていました。
同じ構図が多いとはいえ、鮮やかな藍の使い方と光陰がキレイで、毎回ため息が出ちゃいますうふ
モネの「睡蓮」も好きな作品の1つ。
大原美術館の「睡蓮」ともメトロポリタン美術館の「睡蓮」ともまた一味違う感じでしたキラキラ

ちょっとトイレに言っている間にダンナサマが印刷局(前日に行きそびれたトコ)に電話をしてくれていました。
で、開館しているということだったので時刻は12:15だったし早速向かうことにダッシュ

…しかし!外に出ると大粒の雨っ傘
何故?さっきまでそんな気配なかったのにーっ!!


空は明るい部分があるし、通り雨かも?とりあえずタクシーをつかまえて印刷局へGO
9月以降のオフシーズンは整理券は配られず直接入口にということだったので、既にできている列の後方に並ぶことに。
しかし相変わらずの天候で、小雨になったかと思いきや大粒の雨になったり、止んだと思ったら太陽が出てきたりがーん
「午後は12時半からって書いてあったし、もう少しの我慢!」と上着のフードを被ってブルブル震えながら入館の順番を待ちました。

ところが、、、、列はなかなか進まなかったんです手書き風シリーズ矢印下
セキュリティーチェックがあるのは知っていましたが、エントランスから建物まで渡り廊下みたいになっていたので、すぐに入れると思っていたのですが、甘かった。
ダンナサマとくっついて心ばかり寒さをしのいで。。。


気づくと1時間も経ってましたアップロードファイル はぁぁぁ。冷え切っちゃったよぉ。




…長くなってしまったので、その②へ続きます。


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
スポンサーサイト

テーマ:妊娠中期(5ヶ月~7ヶ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

10 : 59 : 45 | アメリカ生活(旅行) | コメント(0) | page top↑
<<ワシントン・ボルチモア旅行 3日目その②@21週 | ホーム | ワシントン・ボルチモア旅行 2日目@21週。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。