スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ワシントン・ボルチモア旅行 4日目その①@21週
2009 / 12 / 03 ( Thu )
11月28日(土) 4日目 晴れ太陽
    星ワシントン・ボルチモア旅行 1日目
    星ワシントン・ボルチモア旅行 2日目
    星ワシントン・ボルチモア旅行 3日目その①
    星ワシントン・ボルチモア旅行 3日目その②


午前中は移動がメインのため、ホテルのビュッフェで朝ごはんを満喫食事
おなかがいっぱいになったら3日間滞在したD.C.から離れ、北にあるボルチモアへ。
約1時間のドライブです

ボルチモアに着いたのは11時頃。
ワシントン滞在中に予約したホテルはDays Inn Inner Harbor、お値段の割に観光にとても便利なところにありますキラキラY
ちょっと早いけど車を預かってもらえるかなー?と思って聞いてみたら、アップロードファイルチェックインもできましたひゃっほぅ 早速、荷物を部屋に運び、軽く室内チェック
冷蔵庫&電子レンジ&コーヒーメーカーもあり、バスルームと洗面が独立しているのも私としては好印象。
旅行中の貴重な朝の時間、身支度の為の洗面とトイレを取り合いになりますからね(笑)。
サッとお出かけの準備をして、いざ観光開始手書き風シリーズ矢印上

まずは、ダンナサマ希望の野球関連の観光ですキラキラ
ボルチモアはあの「野球の神様」「世界のホームラン王」と呼ばれた"ベーブ・ルース"の生誕の地なんですって。
野球に疎い私は「へぇ~っ」って感じ笑
そして、メジャーリーグの『ボルチモア・オリオールズ』の本拠地・カムデンヤードがあります。
カムデン・ヤード
ホテルのロビーにあったパンフレットによると、オフシーズンでもラウンドツアーをやっているらしいのでまずは球場へ。
窓口で聞くと次のツアーは13時からとのこと。
少し時間はあったけれど、他のところを先に見ればいいし…ってことでチケットを購入。
そして、ベーブ・ルースの生家ミュージアムに行くことにしました。

おうちは大通りに面さず、ちょっと中に入るところがなんだかリアル(笑)。
左の玄関をあけると売店兼チケット売り場がありました
中は自由に見学できます。
  ベーブルースの家 寝室 居間
居間や寝室はそのまま保存されているようで、他の部屋には彼の歴史についてのパネルや野球人生にまつわるものがたくさん展示されていましたよ手書き風シリーズ矢印上

左がベイブ・ルースが使っていたバットで右がカル・リプケンが使っていたバット。
カル?誰、それ?って感じ。
ダンナサマは「リプケンのバットかーふるーつ☆Cultivation・笑(小)」って喜んでました。
どうやらリプケンもすごい人だったらしいデス。
阪神の金本選手に破られるまでは連続フルイニング出場記録も持っていたんだって。
     バット
ベイブ・ルースのバットは太くてビックリ。こんなのでホームラン打てるんだー。
体もがっしりだし、きっと力任せなんだろうな(笑)。
「王監督が選手時代にベイブ・ルースのホームラン数(714本?)を抜いた時に2人は握手したんやで。」
…それがいつかは知らないけど、私たちが生まれた後の話?
とりあえず、打率が上がりますようにってダンナサマにはバットをしっかり握ってもらいました照れ笑い

まだツアーには時間がありそうだったので、球場隣にあるSports Regend Museumへ。
生家ミュージアムとのコンボチケットがあったみたいで、「もう行ってきた」というと割引してくれました手書き風シリーズ26ピースラッキー

ここには、野球だけでなくフットボールやホッケーなどの競技に関する資料が沢山あって、フットボールなどに馴染みのない日本人にとっては一部分しか楽しめない感じでした汗
それでも"日米野球大戦の時に帝国ホテルがベーブ・ルースに贈ったシルクの法被"とか、見て楽しいものは沢山ありましたよー。
写真(左)のショーケース、各選手のお宝が沢山!
"野球チップスのおまけカード・アメリカ版"みたいなのもあって、ダンナサマはいろいろと釘付けでした手書き風シリーズ矢印上
   お宝だらけ 着替えてみました 球場の備品
地下のフロアはちょっと違う雰囲気で、野球が長年に渡って愛されてきた記録のようなものが展示されていました。
ロッカールームもあって、着替えて遊んだりできる場所もきゃー
大人げなくフットボールのユニフォームを着てはしゃいでしまいました笑
写真(右)は球場の設備です。ナイトゲームの照明、こんなに大きいんだ!
後半はフットボールやブラスバンドの展示が多くて、時間もなかったしサッと流しちゃいました。

時計を見るともうすぐ13時!急いで集合場所に行かなくっちゃー。ベイブお待たせーくり抜きハート1
     ベーブ・ルースとカムデン・ヤード
ツアーは1回が20人くらいで、私たちの他にも日本人親子や中国人親子など東洋人も居ましたjumee☆mark6g
結構こっちに滞在している人たちなのかな?子供たちは普通に英語を理解しているようでした。
地元のオリオールズファン!って感じのオバサマも居て、ガイドさんが話すオリオールズの歴史や選手のことにも詳しそうで彼女のテンションの高さがちょっと面白かったです。

まずは球場の外で、街や球場の歴史について話を聞きました。
あんまりわからなかったけど、他の球場は繁華街からちょっと離れたところにあることが多いけれど、この球場は街の中心部から近くて良いと自慢げに話されていました照れ笑い
確かに。観光客も来やすいし、だから年中ツアーをしてもらえるんだろうなー。
(NY[ヤンキース]もD.C[ナショナルズ]もシーズンオフはツアーはやってないみたいだから)
レンガ造りの街並と調和しているのも素敵です。

他球場では"野球とフットボールの兼用"などなっているところも多いけれど、ここは野球専用のスタジアムだというのも自慢の1つのようでした。
(隣にはフットボール専用のスタジアムがあります電球)

20分ほど外で話を聞き、中へ。晴天のおかげで芝生が鮮やかです!
左の写真はレフト側です。立ち見席の下にはアップロードファイルブルペンがかお
グリーンモンスターの下じゃないですよー。白いビニールシートのかかっているところがマウンド(?)です。
それから、観客席には色の違う席(赤)が2つあって、1つはカル・リプケン、もう1つは誰かの記念すべきホームランの落下地点だったらしいです。
大阪ドームにローズ・シートがあるのと同じ感じですね笑
次はエレベーターで上階へ。会員専用エリアを見せてもらいました手書き風シリーズ矢印上
パーティー用ルームと、主に企業が借りる特別観戦ルーム。バルコニー付きです・キラキラ
費用の話もされていましたが、相変わらず数字の変換(英語→日本語)は難しく、換算もできなくていまいちピンときませんでした汗 でも、周りの反応を見ると高額そうです。
スコアボードとグリーンモンスター VIPルーム 放送席
エレベーターで階を下り、メディアエリアへ。
メディアエリアらしく、廊下の上には沢山の配線が通っていましたよ。
各テレビ局・ラジオ局の部屋は外からですが、一番奥の球場用の部屋は見ることができました。
毎回の試合はここで2本録画され、1本は球場の記録として、もう1本はメジャーリーグ機構に送られ保存されるとのことでした。

次はスコア席へ。試合の時は雨戸みたいなのは外されるとのこと。
そしていよいよグラウンドへ!!
思っていたより毛足(?)の長い天然芝です。ゴロだとバウンドしなさそう笑
MLBの試合ってあまり見たことないんだけど、スクイズとかしないのかな?
スコア席 グラウンドへ! ベンチ
ベンチは木製で1列でした。写真を撮るのに夢中でガイドさんの話はほとんど聞いてなかった汗
グラウンドの芝との間の茶色い部分は水はけの良い石(?)で造られているとのことで、実際に水をこぼして見せてくれましたよウインク

おっ、これはもしやネクストバッターサークル?
うっすらと色が違っています。
ネクストバッターサークル 場外ホームランの記録 壁にも!
ロッカールームは見れませんでしたが、地下をぐるーっと歩いて上の階に出ると隣の"倉庫→オフィスビル"の建物でした。
途中から地下通路の上に木の梁があったけど、この建物の下だったのかーかお
ここでポストカードとキーホルダーのお土産をもらい、外へ。ライト側です。
一般開放されている通路エリアには、各選手のホームラン落下地点に記録が残されています
今まで建物には3人当てたって言ってたかなぁ?壁にも金属板が埋め込まれてました電球
こういうのって洒落てますよねくり抜きハート1

じっくりぐるっと1時間半に及ぶスタジアムツアーでしたおんぷ
次はインナーハーバーへ手書き風シリーズ矢印上                         その②に続く。



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
スポンサーサイト

テーマ:妊娠中期(5ヶ月~7ヶ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

12 : 31 : 04 | アメリカ生活(旅行) | コメント(0) | page top↑
<<ワシントン・ボルチモア旅行 4日目その②@21週 | ホーム | ワシントン・ボルチモア旅行 3日目その②@21週>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。