スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Census2010。
2010 / 03 / 11 ( Thu )
昨日は、先月出産されたお友達のところに赤ちゃんを見に行ったんです
実は、生後1ヶ月の赤ちゃんを見るのは初めて!
めっちゃちっちゃくて可愛かった
パパにもママにも似てました。
壊れそうで怖くて「抱っこさせて」と言えなかったなぁ~
こんなんで大丈夫か!?

その子は小さめに産まれて、産まれてからちょっと体重が減ったそうなんだけど、1つ思ったこと。
「やっぱりこっちの服大きすぎるわ!」
ねぇ、コメちゃん。これからの季節用に、手足の出る服もうちょっと買っておかなあかんかなぁ?

同じ病院で産む予定なので、いろいろお話も聞けました
バースプランの提出はなかったそうです。
で、彼女も無痛分娩希望で、特に何も言わなくても麻酔を使う方向で処置が進んでいったとか。
麻酔使用についての説明は旦那さんが聞いてくれたらしい(痛くて聞いてる余裕なんて無いんだって)。
無痛と言っても100%無痛ではなく、ある程度子宮口が開いてから導入みたいです。

                          

タイトルのCensus2010ですが。

昨日、案内が届きました
1週間後に用紙が届きます、って。事前案内は必要なのか!?
事前にESLの授業の時に聞いていたし、用紙の記入説明も受けたので「何だろう?」は特になく「おー、きたきた」って思ったくらいです。
(5W1Hの授業で使ったんです。What~?とかHow~?の質問が多いので。)

Censusとはいわゆる国勢調査です。

たった1年のアメリカ生活で、10年に一度のイベント(?)に参加できるなんて光栄です
送られてくる用紙に、4月1日時点での住民情報を記入して提出。
質問事項は性別、生年月日、人種、居住所のタイプ(所有とか賃貸とか)などなど。
殆どの質問がチェック形式です。
この集まった情報(人口や年齢層など)をもとに、政府の資金が割り当てられる(教育・福祉など)そうです

さーて、コメちゃんは家族として記入されるかされないか?
微妙なところですね。

※事前に予習(?)しておきたい方は「コチラ」から。
 公式サイトをリンクしておきます。ちらっと見たら日本語での解説もあるみたいです。


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
スポンサーサイト

テーマ:妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

10 : 56 : 09 | アメリカ生活 | コメント(0) | page top↑
<<衣替え&買い置き@36W4D | ホーム | 無痛分娩?それとも。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。