スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Outer Banks 2nd day ②
2010 / 06 / 13 ( Sun )
コメちゃんと一緒に居るとなかなか更新できませんね。
最近、片手でPCを触っているのがバレて不機嫌になってしまうので、隙をついて3日がかりくらいで書いています
(ゴキゲンな時は片付けたりパンやごはんを作ったりしているので)

…というわけで授乳中のひまつぶしはもっぱらフリーセル。
キーボード不要で、カチカチならないのでよいのです
以前にはまった時は1からスタートして100を超えたのは覚えていたけれどはっきりしないので101からスタートしています。今は#226。
単純なゲームなのにまた虜になってしまっています(笑)。
(フリーセルで検索して昔の記事を見てみたら「178が難しい」と書いていました。うん、確かに難しかった(笑)。)


今日からダンナサマが一週間留守なので、しばらくコメちゃんと2人暮らし。
日課のドラマ鑑賞に加えてどれだけフリーセルが進むだろう??

では旅行記の続きです。

5月30日 2日目のつづき。

お昼ごはんを食べたら、ハッテラス島をあとにして、いざオクラコーク島へ♪
この島間は橋がなくて、フェリーに乗って移動します
30分毎に出発するフェリーはなんと無料!!
フェリーのりば
乗り場に着いたのは14時過ぎだったので、14時半の便まで並んで待ちましたー。
後続車が意外とやってきます。
1便に30台近く乗るけれど、要注意ですね。
フェリー中
40分かけて移動。
たくさんのカモメが船の周りを餌を求めて飛び回っていましたー。
日本のカモメはかっぱエビせんだけど、アメリカのカモメはポテチを食べるらしい(笑)。

オクラコーク島に着いてからは東から西へのドライブ。
東はフェリー乗り場だけだけど、西側はレストランやお土産屋さんもあり栄えています
伝説の海賊・黒ひげが最期を迎えた場所という話もある場所のようで、パイレーツにまつわるものを沢山目にしました!
確かに大西洋って海賊が居そうな雰囲気
太平洋と何が違うんだろう???

そして目指すはオクラコーク灯台
この灯台はコテージの間にあってわかりにくく、ちょっと探してしまいました。
     オクラコーク灯台
写真などで見たときは「インパクトの無い灯台だなぁ」と思っていたのですが、実際目にするとすごくイイ
ぽってりとペンギンみたいな感じです。
周囲の緑と空の青とそして灯台の白がなんともいえず素敵でした

海賊旗が掲げられているお店も沢山あり、とても楽しそうだったのですが意外と時間がかかってしまったので帰ることに。
17時前にフェリー乗り場に着きましたが、台数オーバーで17時半の便になりました。
みんな考えることは同じで、続々と車がやってきていたのでちょっとの差が大きな差になるようですね。

ハッテラスに着いたら18時過ぎ。
内海に沈む夕陽を見ながら北上、途中で改修中のBodie Island Lighthouseがチラッとみえました(笑)。
bodie island lighthouse
Whaleboneまで戻って来たのは20時頃でした。

夜ごはんはジャンクションの近くにあるレストラン。Owens' Restaurantへ。
入ってビックリ。ちょっと高級レストランでしたー。
「Owens' Restaurant」   7114 South Virginia Dare Trail, Nags Head
Owen's restaurant
私が席をはずしている間に、オーナー(?)が「ようこそ」と挨拶に廻って来たらしくてダンナサマによると『勇気があるね』的な事も言われたそうで、、、赤ちゃん連れだと迷惑!?と心配になってしまいました。

でも、退席するのもなんだし、皮肉なのか勇気を褒められてるのかもわからないのでそのまま食事をしちゃいました
コメちゃんはあいにくグズグズしはじめ…。
おなかを満たしておむつも替えてトライしているのに、"席についてしばらくしてからドリンクの注文・そして料理の注文・料理がくるまで"が長いのでその間が持ちません(笑)。

しかたがないので抱っこしながら交互に食べることにしました
ブランケットで隠しながら途中でちょっと乳やったりして。←最後の手段(笑)。

カキ、めっちゃ美味しかった
oyster
アツアツで口の中を火傷しちゃったけど、今まで食べたカキ料理の中で3本の指に入りそうなくらいでした

メインの前にボリュームのあるサラダが登場。
葉っぱが大きくて、片手フォークで食べるにはちょっと無理がありました

ダンナサマ注文のLobster。
ロブスター
ロブスター・エビ・ホタテの3種類が半身の殻に盛られて、チーズが溶けていました
爪は割って食べてねとカニ用ハサミが運ばれてました。
爪の身は意外と柔らかでしたー。

私が注文したNorth Atlantic Salmon。
貝類・甲殻類ばっかり食べている気がしたので鮭にしました(笑)。
サーモン
予想以上に大ぶりで、中がレアで美味しかったー♪

スクワッシュ(黄色い瓜)とズッキーニの炒め物はさっぱりでした。
おなかがいっぱいでサイドまで完食ならず。
でも、ハッシュパピーはしっかり食べましたよ!
ハッシュパピー、この旅で初めて食べましたが気に入りました~

ここでもお客さんは優しくて、退席時に「赤ちゃん可愛いね!」と声をかけてくれたマダムがいたり、先に食事を終えたダンナサマが入口近くでコメちゃんをあやしていたら、トイレで席を外していた近くのテーブルの女性が3分ほど抱っこして子守唄をうたってくれたり。その女性は戻って来た時に「あなたの娘さん可愛いわねー。私も去年の7月に息子が産まれたの。だから大変さはわかるわ!」と私に声をかけて応援してくれたり。
最初は恐縮しながら食べていたけれど、退店時にはほっこりした気持ちになりました

ホテルに戻ったのは22時過ぎ。
コメちゃんをお風呂に入れて、乳やってから自分もシャワーを浴びて就寝です。
今回の宿はNags Head Inn。(Tax加えると2泊で$460でした。)
繁華街でもないし海で遊ぶわけでもないので(ビーチサイドだから)、シーズンとはいえ高いなぁ~と思っていましたが、Nags Headは立地もよかったので結果オーライということで。
しょぼいけど朝ごはんはついてたし、部屋はキレイで広かったし、何よりベッドの寝心地がよかったし
赤ちゃん連れだと汚い部屋はちょっとイヤですもんね。

翌日は旅行最終日です♪


ブログ村へ;応援クリックお願いします♪ブログ村へ;応援クリックお願いします♪
スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

11 : 25 : 57 | アメリカ生活(旅行) | コメント(0) | page top↑
<<Outer Banks 3rd day。 | ホーム | Outer Banks 2nd day①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。