スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Charleston旅行 2nd day@生後79日目。
2010 / 07 / 09 ( Fri )
旅行レポの続きです。

7月3日(土) 旅行2日目/生後79日目。
ホテルに付いてる簡単朝ごはんを食べて、10時過ぎに出発!
この日はプランテーションに行くことにしました

約30分かけて到着したのはMagnolia Plantation & Gardens
何とも趣のあるオークの並木道が迎えてくれました。
「Magnolia Plantation & Gardens」  3550 Ashley River Road - Charleston, SC 29414
magnolia plantation1
magnoliaはモクレンの仲間。敷地内にはmagnoliaの大木があちこちにありました。
私が住むapartmentにもこの木はあり少し前が旬だったのですが、日本でよく見る白モクレンとは違って、葉っぱが出てから花が咲きます。香りもすごい!

ここではいくつかチケットの種類があったのですが、全部楽しむと一日がかりになりそうだったのでGeneral admission($15)とHouse tour($7)にしました。
House Tourは11時半からだったので、それまで敷地内にある"ふれあい動物園"へ。
コメちゃん、初めての動物園です
zoo?
中には放し飼いにされているクジャクや豚、やぎ、、、檻の中には山猫っぽいのとか大きなウサギとかフクロウ、爬虫類など。
それほど大きくないスペースでしたが、子供にとっては十分な動物量だと思います。
実際、コメちゃんが楽しむにはちょっと早かったけど、キョトンとした顔で豚さんを見てるのが面白かった!
また動物園に行こうねー

ここは1676年にドレイトン家によって設立されたプランテーションで、昔は農地だったところが庭として公開されています。
magnolia plantation2
Houseはガイドさんの説明付きで、チャールストンの歴史を交えていろいろとお話してくださいました、、、が、途中でコメちゃんが眠くなったみたいで泣きだしてしまったので周りに迷惑だし、と私だけ退館
外に出てもあまりにギャン泣きするもんだから、ちょっと咥えさせたら案の定あっさり寝ちゃった。で、ガイドを終えたダンナサマに誘導され、見逃してた2階のお部屋をざっくり日本語で解説してもらいました。
ちゃんとポイントを押さえているように見えたらしく、ガイドさんに感心されてましたよ

「このキルトがなんかすごいねんて」とか、そんなんですけどね

House tourは約30分くらいだったのかな。
終えた後、ちょっとお庭を散策しました。
"イギリス軍上陸の地"の碑があったり、池があったり。
magnolia plantation3
rice field(再現?)はコメちゃんのコンディションが悪くて行けなかったけど、満足。
所詮田んぼでしょ、なんて思っちゃって。
その昔、チャールストンは米の栽培も盛んだったそうですよ。

時間は既に12時半。次は近くにあるDrayton Hallへ行くつもりだったので、ここで何か食べといた方がいいかも?と、私が車の中で授乳している間に、ダンナサマが屋台(?)でホットドッグとハンバーガーとアップルパイを買ってきてくれました。
授乳してオムツ変えて、、ってしてると30分くらいは取られちゃうので、時間の有効活用ですねー。
Drayton HallはMagnolia Plantationからすぐ近くで、着いたら13時半くらい。
House tourは14時からでした。1時間毎かな?
それまではトイレに行ったり、マグネットを買ったり(集めているの♪)、外から建物を見ながら木陰でまったりしたり。
期待通り、木陰で涼んでいる間にコメちゃんは夢の世界へ。。。。
今度はゆっくり建物を見学することが出来ました

「Drayton Hall」  3380 Ashley River Road Charleston, SC 29414
drayton hall
ここは1742年に建てられ、ドレイトン家によって250年近く所有されてきた建物で、前に広がる芝生エリアは昔は農作地で黒人奴隷がここで汗を流していたそうです。
敷地が広すぎて、人と一緒に写ると縮尺が変

今まで訪れた邸宅は豪華な内装・装飾品で飾られたものばかりだったのですが、ここは珍しく中が空っぽ。
それがかえって当時の空気が感じられるようで、とてもよかったです。
マホガニーが多用されてすごく重厚感のある建物でした
     drayton hall 2
ギフトショップで多くの商品にモチーフとして使われていた、天井の装飾。石膏かな?

門のところでは「え?15ドル?」と思ったけど、予想以上に見ごたえがあり、コメちゃんもずっと寝ていておとなしかったので来てよかったなぁ~と思えました
ガイドツアーは1時間近くあったので、Drayton Hallを出発したのは15時半頃になりました。
ティープランテーションに行きたかったけれど、移動に1時間かかるようだったので(17時までだし)断念。
とりあえずチャールストンのダウンタウンに行くことに

AAAの本を見て、The Old Exchange & Provost Dungeon(旧商品取引所&地下牢)とOld Slave Mart Museum(旧奴隷市場博物館)に行きたいなぁと思っていたけれど、たまたまナビをセットしたのが商品取引所でした。
後で解ったんだけど、奴隷市場は日曜・祝日が閉館、、、奴隷市場に先に行けばよかった!!
いつもならちゃんと事前に調べてスケジュールを組んでおくけど、コメちゃんがいるとあやふやな事前調査になってしまいます

「The Old Exchange & Provost Dungeon」 122 East Bay Street, Charleston, SC 29401
dungeon
1階の展示と2階のホールは自由に見学し、地下牢はガイドツアーになっていました。
時代背景の知識が浅いので、歴史が絡むと英語は更に難しくて、ガイドさんの説明もあんまりよくわからないし、暗いからコメちゃんも泣きだすし、、、で、ざっくりと見て退散しちゃいました

ビョルンで見学していたので、ストローラーを取りに車に戻り、Waterfront Parkへお散歩。
waterfront park
Fort sumter、USSヨークタウン、Arthur Ravenel Jr. Bridgeなどが海の向こうに見えました。
Arthur Ravenel Jr. Bridgeは西半球で最大の斜張橋だそうです。
もちろん、橋好きとしてはちょっとテンションが上がりましたよ(←特に渡る時)

海風を浴びながら公園の木陰道を歩き桟橋に出ると、そこから少し離れたところにレストランを発見 海沿いの建物という点で見た目のポイントも高く、早速足を運ぶことにしましたー。

「FLEET LANDING」 186 Concord St, Charleston, SC 29401
Fleet landing
ここは昔、海軍で使用されていた建物がレストランとして使われています。
確かに外壁には『U.S.NAVY』の文字が!
観光馬車で通りすがりに説明している様子も見たし、自転車タクシー(?)で乗り付けている人もいました。
何気に入ったのですが、必見のレストランだったようです

料理は意外と美味しく、"シーフード南部料理"って感じでした。
starters
Southern-Style Oysters Rockefeller
ちょっと癖のある茹で葉っぱと、ベーコンとオランデーズソースがカキに乗ってました。
カキ料理としては斬新な感じ
Seared Scallops
ホタテはプリプリで食べ応えがあって美味しかった~


entree
Crispy Whole Fried Southern Flounder with Apricot Glaze
Flounderも食べたかったし、(米の農作が盛んだったと聞いたので)Charleston Red Riceが気になって注文しました。
アプリコットグレーズって…どんなんだろ?って思ったけど"ヒラメの唐揚甘酢あんかけ"に近い感じ。どの国もこういう食べ方するのねー。
魚はすごく大きくてビックリ。
日本人としては箸が欲しいところだったけど、フォークでも食べやすかったですよ
Red Riceはケチャップライスでした

食後は少し街歩きをして駐車場へ。
私たちはOld Exchangeの裏にあるメーターパーキングを多用しました。
ダウンタウンには道路脇にもメーターパーキングは沢山ありましたが、Old Exchangeの裏の駐車場は木陰になっているので車内の気温が上がりすぎずよかったと思います (15分/25¢)
rainbow raw

この日から、Holiday Innで2泊。
アシュレー川の西側に位置するので、ダウンタウンから遠くて不便かなぁと思っていたけど全然問題なく、キレイでなかなかよかったです



July 4th にあたる3日目の観光は"戦い"がテーマです

ブログ村へ;応援クリックお願いします♪ブログ村へ;応援クリックお願いします♪
スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

07 : 11 : 48 | アメリカ生活(旅行) | コメント(2) | page top↑
<<Charleston旅行 3rd day@生後80日。 | ホーム | Charleston旅行 1st day@生後78日目。>>
コメント
----

ちょっと久しぶりにブログのぞきました。サウスカロライナの旅、いいですね~。いつも下調べばっちりってかんじで感心してます。コメちゃんもいつもお利口にビョルンで抱かれてるみたいですし、ほんといい子だ!うちは日曜から旦那さんが一時帰国。私も一緒に帰りたい~けど子3人連れての帰国は、、、やめました。
爆弾事件も全く知りませんでしたよ。そういえば当日ターゲット裏の図書館に行こうとしたらヘリコプターが2台、道路も一部閉鎖されてたから、あの騒動は、それだったのですね~v-42
by: Yumi * 2010/07/10 14:12 * URL [ 編集] | page top↑
--Yumiさん--

こんにちは~。
チャールストン、よかったですよ~!
うちの近くではストローラー押しながら木陰でゆっくりしたり散歩したりできる公園があまりないので、海沿いの公園を散歩したのは楽しかったです。
Waterfront Parkでは噴水で子供たちが水遊びしていたり、アメリカらしい休日の光景でした。

下調べは、、、これでも最近は、しきれてないんですよi-201
「あぁ閉まってた」とか結構あります。
もともと、旅行は『まったり<充実』派で欲張りなんです。困ったことに。
連れまわされてるコメちゃんは、多分迷惑がっていると思います(笑)。
by: もくれん * 2010/07/14 14:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。